資格の有無

看護師以外の資格を持っていれば求人で有利になります

看護師は求人も多く人気の職業ですが、より良い看護師を目指すためにもさまざまな努力が必要になります。 まず、求人の際にとても歓迎されるものに、看護師以外の資格を持ってるということです。 看護師になるためには当然なのですが看護師の資格が必要です。 さらに求人のときに歓迎される資格として専門看護師の資格があります。 これは普通の看護師よりもさらにレベルの高い資格とされていて、この資格を持っていることだけでも相当有利だといえます。 この資格は医療関係のそれぞれの分野に深い知識を持っていることを証明する資格でがん看護、精神看護、老人看護、小児看護、慢性疾患看護、急性重症患者看護、在宅看護、家族支援など、とても多くの種類があり、これからも種類は増えていく可能性があります。

医療ミスを起こさないためにも

良い求人に巡りあい看護師になったとしてもそこで気を抜いてしまってはいけません。 看護師の仕事で一番怖いのが医療ミスで、絶対に防がなければいけません。もちろん人間なのでどんなに集中していてもミスを起こしてしまうことはあります。 そんな医療ミスの中で特に気をつけたいのが薬物関係のミスです。 薬物関係でミスを起こしてしまうと患者さんの命にかかわることもあるので薬物を扱うときには特別な注意を払わなければいけません。 そこで常に忘れないでいて欲しいのが、看護の国家試験にも出題される5つの言葉です。 正しい患者、正しい薬剤、正しい量、正しいルート、正しい時間、常にこの言葉を忘れないようにして患者さんに接してミスを犯さないようにしてください。