高い給料

地域により給料に差があります。

多くの職種で大都市では高額で、田舎に行けば給料が安くなる傾向にあります。バイトでもパートでも同じような傾向です。 薬剤師は少し違うところもあります。大都市では高額の時給ですが、田舎でもかなり高額なところもあります。いきなり管理薬剤師になれたり、パートでも正社員以上に給料が出るところもあります。 理由はいくつかあり、田舎は慢性的な人材不足で薬局には薬剤師が絶対必要であるため、高い給料払ってもそれ以上の見返りがあるためです。 一般的に時給としては2000から3000円であり、一般の方より倍以上の金額がもらえます。 もちろんかなりの田舎や激戦区の都会では4000円を超えるところもありますが、それに従い仕事量も増える可能性は十分あります。

薬剤師の数は今足りていない

薬剤師はここ2年国家試験が難しくなったっため不足傾向にあります。ドラックストアでもパート薬剤師が1人あるいは0人のところも多く、一類医薬品が購入できないところも多いです。 一方薬局の数はコンビニより多く増加しています。よって今の段階では正社員のパートも足りない状態です。 今後、過剰になるのではないかと言われていますが、在宅や、化粧品メーカーなど今までにない職種にも活躍の場を広げているため、心配はないと思います。 資格職であるため、転職も簡単で薬局間の移動や病院で働いていた薬剤師さんが、数年だけ薬局で勉強してまた病院に帰る、またはこれの逆もあり自由度が高い職種です。 また仕事量は1人1日平均処方箋40枚までと決まっているため、無理なく働くことができます。